所長挨拶

2022年4月より、柴﨑正勝先生の後任として、研究所長を拝命致しました。研究所に蓄えられている中分子を含む天然由来の化合物ライブラリー、あるいは新種の放線菌、冬虫夏草、カビなどからの抽出物、また、研究所に蓄えられている分析や有機化学のノウハウを用いて、新たな生理活性物質を見つけ、また、それらの化合物をツールに生命現象の仕組みを明らかにしたいと願っております。創薬シーズに関しては、従来の抗がん剤や抗微生物薬に加えて、代謝疾患、血管疾患、筋肉疾患など高齢化社会に存在するunmet medical needsにも積極的に取り組む計画です。柴﨑理事長と研究所スタッフと協力して、大学、国立研究開発法人、産業界などとの共同研究も一層進めたいと思います。

慣れない天然物科学への挑戦ですが、「飲水思源」という言葉を大切に思い、故梅澤濵夫先生はじめ、多くの先輩の大きな貢献を思い起こし、感謝すると共に、次の世代のために、研究所の発展に努力致します。皆さまのご協力とご指導をお願い致します。

微生物化学研究所・所長
清水 孝雄