所長挨拶

微生物化学研究所は、創立以来、微生物が生産する抗生物質などの二次代謝産物ならびに微生物細胞の構成成分などから、新規生理活性物質を発見、創製することを業務の主目的としている。

創立当時の精神を踏襲した当研究所の基本理念は、微生物の多面的な有効利用に関する基盤研究を行い、その分野での最新の科学の進歩に貢献するばかりでなく、その成果に立脚した応用研究を行うことにより、最終的には現代社会で人類が健康で幸せな人生を送るために資する化合物を創製し実用化することである。

当研究所は、生物学と化学の融合を最大の特徴としている。

基盤研究として、当研究所の得意分野であり実績もある、微生物および微生物の構成成分、代謝産物などに関する応用面を見据えた研究を行う。また今後は、微生物等による病原性発現機構の解明、さらには有用物質の環境調和型生産を可能とする触媒開発などの基盤研究も加える。また、上記基盤研究に立脚した応用研究として、新規生理活性物質を発見し、最終的にはこれらの化合物から、社会の要請に応えられるよう、ヒトの医療品および動物の予防・治療薬、農薬さらには環境汚染物質浄化剤などの開発研究を行う。

微生物化学研究所・所長
柴﨑正勝

略歴

所長挨拶